水を買うことが一般的になったのはいつからなんだろ

水を買うことが一般的になったのはいつからなんだろうといった自販機やコンビニエンスストア、アルティメットで売られている水のボトルを見るたびに思っていました。あたいが昔は、水道や冷水機から飲み込むのが標準でしたが、育児をしていると単なる水分取り入れもコンビニエンスストアや自販機で買った水を飲ませていらっしゃる自分に驚きます。家ではウォーターサーバーを利用しているので、便利になったなぁといったカルチャーの力を感じています。
そんなある日、祖母の民家に家族でレジャーにいったところ、近くに湧き水の汲み取り企業がありました。子供たちにとっては自然の水にふれ、それを飲み込むということが心からユニークだったようで極めて喜んでいました。せっかくなので、ペットボトルに入れて持って帰りました。そうなると子供達はその水が愛するようで、土日お水受けとりに通うことが我が家の日課になりました。水を汲みながら、ちょい遠出もできるので父兄にとっては心機一転になります。周辺の自然に触れ、川遊びをしたり草木にあたって祖母から教えてもらったりって塾では学べないことを学ばせることができて子供達も嬉しそうだ。家族で面白く通いたいと思います。つむじの薄い私の改善法